英語面白ことわざ (1) 「頭カットして尻拡散」

「頭隠して尻隠さず」という言い回しがありますが、英語の世界では、「頭カットして尻拡散」です。

このことは、構造面、意味面、そして綴り面の3つの分野でいえることです。

まず、構造面で考察しましょう。

(1) a student of physics who is afraid of dogs (犬を恐がる物理学[専攻]の学生)

(1)では、studentを修飾する句(of physics)が先に来て、who is afraid of dogsが後に来ています。構造上句よりも節が長いからです。構造上、長いものが後に来るわけです。

(2) It is important to study English conversation. (英会話を勉強することは大切だ)

(2)では、to study English conversationが主語で、元来は、To study English conversation is important.というべきところですが、長いものは後ろに現れることを好む英語としては、仮の主語(it)を置いてでも、このこと(=後ろのほうに長いまとまりが来るようにすること)を達成しようとしている感じです。

これらのことから、構造的に、「頭は短くカットして、尻を拡散している」といえるのです。

次に、意味面です。

(3) I live in Nagao, Hirakata City, Osaka. (私は大阪府枚方市長尾に住んでいます)

(4) She arrived in Tokyo at 2 p.m. on the afternoon of the 3rd.(彼女は3日午後2時に東京に到着した)

(3)は空間的、(4)は時間的に、大きな概念ほど、後ろに現れています。意味的に「尻拡散」が行われているといえます。

最後に、綴りの世界でも、「尻拡散」はいえます。

(5) a. red and yellow (赤と黄色の)

  1. yellow and red (黄色と赤の)

英語では、(5a)のほうが、(5b)よりも好まれるのです。このことは、構造や意味とは関係ないです。単純に単語の長さの問題です。

つまり、英語は「頭カットして尻拡散」ということになるのです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です