超基本動詞を4つ挙げるとすると・・・

英語において超基本動詞を4つ上げるとすると、make, get, giveそしてhaveになる!と、私は、考えています。

                  Make

Give     +     Get

Have

上図においてmake—haveの縦軸は、「存在」の軸で、give—getの横軸は「移動」の軸です。

makeは新たな存在が生まれること、haveはその存在が継続することを意味します。makeは<0→1>、haveは<1→1>のイメージです。また、makeは存在の変化、haveは存在の無変化を表すとも言えます。

一方、getは相手から自分への物事の移動、giveは自分から相手への物事の移動が基本の意味です。getは<You ⇒ I>、giveは<I ⇒ You>のイメージです。

これら4動詞はお互いが関連しあう超基本動詞ということになるのです。80年の人生もこの4動詞で表せると、私は考えています。

0歳から20歳: makeの時期 「体」を作る時期 (make a body)

20歳から40歳: getの時期  「頭」を得る時期 (get a head)

40歳から60歳: giveの時期  「心」を与える時期 (give a heart)

60歳から80歳: haveの時期  「魂」を持つ時期 (have a spirit)

make a body(体力)、get a head(教養)、give a heart(慈愛)、have a spirit(精神)の順番が重要なのではないかと私は思います。そして、体と知と情と意が、順に完成されていくのだと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です